トップページ > INFORMATION

2013年06月19日

「ふくしま再生シンポジウム」と「イブニングサロン」が新聞に取り上げられました

 エヌケー・テックに関わりのある「ふくしま再生シンポジウム」と「イブニングサロン」が6月に開催されましたが、いずれも福島民報などのメディアに取り上げられました。

 国立大学協会と福島大の主催による「ふくしま再生シンポジウム」は6月17日、福島市のコラッセふくしまで開かれました。

 このシンポジウムは、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興に向けて、大学が果たすべき役割などについて議論することを目的としたもので、国立大学関係者、被災地の代表者ら約170人が参加して意見を交わしました。

 この中で、エヌケー・テック社長でもある内藤清吾(株)内藤工業所社長がパネリストとして参加、避難で散らばってしまった県民のネットワーク維持に向けて、技術面での協力を大学に求めました。

 また、第10回「ふくしまイブニングサロン」が5月31日、郡山市方八町の国際情報工科大学校で開かれました。今回は、「女性の起業」をテーマに、石山純恵クリフ代表(福島市)、寺山佐智子阿部農緑代表(須賀川市)、日塔万貴ガールズ・ライフ・ラボ代表(郡山市)、森本八月喜OPUS代表(東京都)の4人に、起業の経緯、体験談などを紹介して頂きました。

newspaper.jpg