トップページ > INFORMATION

2015年10月29日

福の島P主催の「福島県産食材をつかった大収穫祭」盛大に開催

IMG_9845-2.jpg IMG_9868-2.jpg  エヌケー・テックでは、東日本大震災とそれに伴う原発事故から立ち上がろうとする福島県を応援するために、2011年6月に福島県産品だけを取り扱う「ネットショップ福島屋商店」を立ち上げましたが、平成25年から「ネットショップ福島屋商店」を中核として、福島県内の農業生産者、食品加工業者、道の駅、農産物直売所、酒蔵、宿泊業、地域づくり団体が一つとなって活動してきたのが、県中地域・地域産業復興事業「福の島プロジェクト」です。

 この福の島プロジェクトが主催した、福島の食材を使った料理とお酒を通して県内の生産者と県内外の生産者の交流を図る「福島県産食材をつかった大収穫祭」が、10月23日にホテルハマツで開かれました。

 通算3回目となる今回の大収穫祭は、福島県地域創生総合支援事業(サポート事業)として開かれ、県内の生産者をはじめ、県内外の消費者ら約180人が参加しました。

 特別ゲストとして招かれた、内閣府認定の地域活性化伝道師である特定非営利活動法人ComPus地域経営支援ネットワークの藻谷浩介理事長、福の島プロジェクトの小林文紀会長らがあいさつ。ホテルハマツのシェフが腕をふるった和洋中の料理に加え、フランス料理シェフのボランティア団体「ラ・キャラバン・ボナペティ」による福島の食材を使ったフランス料理、地酒など、福島の“食”の魅力を堪能するひとときとなりました。