トップページ > サービス > サーバ構築 > 仮想化導入サービス

注目の仮想化技術。導入に至るわけ。


物理サーバを削減し、消費電力・空調費用の削減。

サーバ仮想化技術により複数のサーバで行っていたことが単一のサーバで実現することが可能になります。 サーバが集約されることで、消費電力・排熱による空調費用を大幅に削減できるメリットがあります。


サーバ集約により無駄なサーバ予備機の購入をカット。マシンコスト削減。

障害時に備え、通常サーバ機毎に予備機を準備しますが、仮想化によりサーバを統合してしまえば、予備機の購入を最小限に抑えることができ、機器購入コストも圧縮できます。


レガシーなシステムの延命措置。システムのアップデート費用の削減。

レガシーなOS。例えばWindowsNT4.0でのみ動作する基幹システムがあるとします。サーバ機が老朽化しているため、新しいサーバ機へ移行を考えます。しかし新しいサーバ機で動作するためのWindowsNT4.0用のデバイスドライバが提供にならず、そのままシステム移行が行えないケースが多々あります。その場合、基幹システムの開発ベンダへ高額な費用を支払いシステムのアップデートを行う必要がありました。仮想化システムでは、レガシーなOSでも認識できる仮想デバイスが提供になり、物理サーバと切り離して運用できます。レガシーなOS環境はそのままで、サーバ機のみ最新の機器へリプレイスすることが可能となり、レガシーシステムの延命が行えます。

仮想化移行支援・分析サービス(無償)

エヌケー・テックではお客様のIT環境を十分に調査し仮想環境の移行支援を行います。自社でも仮想化システムを積極的に取り入れ日々・運用改善を行い、豊富なノウハウを集積しています。培ったノウハウを基に、お客様の既存IT環境から仮想化環境へ移行のための最適なプランニングを実施します。


まずは「仮想化移行支援・分析サービス」の簡易版を無償で実施しています。お気軽にご利用ください。

「仮想化移行支援・分析サービス」について

お客様現在利用しているサーバのリソースの利用量を測定して頂きます。CPU・メモリ・ディスクついて弊社のお知らせした方法に基づいて採取して頂きます。複数のサーバから得たリソース量を積算し仮想化システムを運用するための最適な機器を選定します。


<条件>
OS Windows NT4.0/2000/2003/2008
Linux

RedhadEs 4/5

CentOS 4/5

FreeBSD FreeBSD 4/5/6/7/8
サーバ台数

20台以内

※20台以上は有償で調査

<提出>
移行後のシステム概要図(1ペーパー)


サーバ構築関連記事